催事のご案内

催事のご案内

この催事の開催は終了しております。ご来場ありがとうございました。
最新の催事情報はこちら

平成26年春季特別展「京の雛さま 江戸の雛さま-東西ひなくらべ-」

平成26年春季特別展「京の雛さま 江戸の雛さま -東西ひなくらべ-」

待ち焦がれる春の暖かさをいち早く運んでくれるのが雛の節句です。
今回は新機軸として江戸の香りのする雛さまに登場して頂く運びとなりました。

江戸の香りのする雛さまとは、目の表情や鼻梁のかもしだす凛とした美しさの雛さまたちです。明和の頃、大槌屋が初代舟月に頭を彫らせて「古今雛」と名付けて売りに出し、たちまちのうちに評判となりました。こうして、江戸発信の古今雛はブランドの雛となったのです。
雛さまの飾り物も江戸の商家風で遊び心に溢れています。江戸前の粋な雛さまの雰囲気を楽しんでいただきます。

ひるがえって京の雛さまは神秘的な面差しの大型の享保雛、典雅な古今の立雛、たおやかな有職雛、まあるいお顔の愛くるしい次郎左衛門雛など懐かしいお顔が並びます。雛の饗宴に欠かせない雛懐石や雛調度も展示します。
併せて大小の御所人形や加茂人形、さらに平野の家に伝わる、丸平大木の五段飾りの雛さまや、市松人形などが賑々しく出そろって皆様をお迎えいたします。

平成26年春季特別展「京の雛さま 江戸の雛さま -東西ひなくらべ-」
日時 2014年2月25日(火)~3月30日(日) ※休館日 月曜日
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般:1,000円/大学生・高校生:800円 ※中学生以下は無料
茶菓付:2,000円(薄茶、和菓子、入館料含む)
主催 財団法人 高津古文化会館、平野の家 わざ永々棟
お問い合わせ 平野の家 わざ永々棟
Tel : 075-462-0014 Fax : 075-462-0114
会場 平野の家 わざ永々棟
京都市北区北野東紅梅町11(地図はこちら

展示作品

◆京の雛さま

◎主な作品

  1. 享保雛 二対
  2. 古今雛 立姿 一対
  3. 次郎左衛門雛 三対
  4. 有職雛(直衣姿、袿袴姿)二対
  5. 犬張子 二対
  6. 御所人形 水引手腹掛座姿
  7. 御所人形 這子 他
  8. 加茂人形 高砂 他
  9. 芥子人形
  10. 網蒔絵雛懐石調度 一括
  11. 檜皮葺御殿造
  12. 市松人形 一括 他

享保雛(きょうほうびな)

有職雛(ゆうそくびな)

◆江戸の雛さま

◎主な作品

  1. 古今雛 五段飾雛家具
    原舟月、仲秀英、川端玉山 他

古今雛(原舟月作)

その他、掛幅、屏風絵など、あわせて約80点を展観します。

呈茶

京都でひな祭のときにいただく代表的なお菓子「引千切(ひちぎり)」と薄茶を小間の茶室でお召し上がりいただけます。お時間のある方は、担当者が点前いたします。気軽に本格的なお茶をお楽しみください。

菓子 ひちぎり
薄茶 珠の白 柳桜園詰
料金 1,000円(入館料別)

関連イベント

少女たちの「ひな茶会」 子どもたちによる点前とお運び

毎年、雛展の恒例行事として人気のひな茶会。小学生と中学生の女の子たちが華やかな晴れ着姿で点前とお運びを披露します。

日時 3月2日(日)
11:00、12:00、13:00、14:00、15:00 席入
定員 各回6名
料金 2,000円(薄茶、和菓子、入館料含む)

2月28日(金)までに「平野の家わざ永々棟」へ電話またはFAXでお申込みください。

印刷用チラシデータDL

催事のご案内 : アーカイブ

  • わざ 永々棟とは
  • 催事のご案内
  • 永々棟の十二か月
  • お稽古道場
  • 交通案内
  • お知らせ
  • サイトマップ

Tel : 075-462-0014 / Fax : 075-462-0114 / 受付時間 : 10:00~17:00 / 休業日 : 12月29日~1月5日

施設利用をご検討の方は上記
連絡先までお問い合わせ下さい